ようこそ「仲間由紀恵画像★仲間由紀恵動画写真集」へいらっしゃいました!このサイトは、仲間由紀恵が今とっても気になっているとか、仲間由紀恵の大ファンだ!または仲間由紀恵が大好き!仲間由紀恵のお宝画像動画壁紙などが欲しい!という方を対象に、様々な情報を提供していきます。最近はyoutubeやGyaOなど動画サイトの登場で動画がより身近になり、Dailymotionも日本語化されて便利になりました。もちろん、仲間由紀恵のお宝動画を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★仲間由紀恵 検索はこちら!★

仲間由紀恵のお宝水着画像ポロリや壁紙

仲間由紀恵のお宝水着画像ポロリとか壁紙や曝露スクープ特ダネ裏話裏モノ噂情報をお探しの方へ。仲間由紀恵のお宝水着画像とかって、なかなか出回らないですよね。そんな仲間由紀恵ファンのあなたへオススメのDVDをご紹介します。

大奥 スペシャル・エディション
大奥 スペシャル・エディション仲間由紀恵 林徹 西島秀俊

ポニーキャニオン 2007-06-08
売り上げランキング : 270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
大奥スペシャル~もうひとつの物語~ エラいところに嫁いでしまった ! DVD-BOX 海でのはなし。 さくらん 特別版 NHK大河ドラマ 功名が辻 完全版 第弐集

続きを読む
posted by 仲間由紀恵fan at 20:18 | Comment(6) | TrackBack(0) | 仲間由紀恵 DVD

仲間由紀恵について

仲間由紀恵水着画像壁紙動画をお探しのみなさまへ。
仲間由紀恵のプロフィールを紹介します。(Wikipediaより)

仲間 由紀恵(なかま ゆきえ、本名同じ、1979年10月30日 - )は、日本の女優、タレント、声優。沖縄県浦添市出身。プロダクション尾木所属。血液型はA型。日出女子高等学校全日制卒。2級小型船舶操縦士の資格を持つ。5人兄弟の末っ子。特技は琉球舞踊(舞踊のレベルは師範代レベル)。

パブリックイメージは「控えめな性格で、あまり目立ったことが好きではない。私生活でも早寝早起き、何かに熱狂的になるということはなく、よく言えば静かに、悪くいうと他人にあまり興味が無いタイプ」。しかし、親友の島谷ひとみのレギュラーラジオでの話では、なかなか豪快なところがあるよう。
ドラマで泣き所を撮影し終えた直後、ある俳優が彼女の楽屋に行くと、自前のダウンタウンのごっつええ感じのDVDを見て大笑いをしていたというエピソードがある。「バラエティ番組自体は大好きであるがバラエティトークは苦手」らしい。
尊敬する人物は歌手の工藤静香。生き方を「人生の目標」にしているとのこと。
ヘアスタイルはデビュー当時からロング。ドラマや映画でも大きな変化はない。
非常な美髪の持ち主で、ユニリーバ・ジャパン(「Lux(ラックス)」というシャンプー等で知られる)が、全国600人の男女(16 - 39歳)を対象に実施した「髪が美しいと思う日本の有名人」のアンケートで1位に選ばれた(2005年9月)。
コマーシャルにも多く出演している。業界内では、「仲間が出るコマーシャルは売り上げが伸びる」といわれており、一例として、仲間がコマーシャル出演するKDDI auの番号ポータビリティでの伸び率が携帯電話会社他2社に比べ、非常に高かった。こういったことが多いことから、「CMの女王」といわれ、コマーシャル出演料も吉永小百合の一億円に次ぐ、六千万円である。(2007年4月現在)
2005年12月31日の第56回NHK紅白歌合戦の司会進行に抜擢、司会経験皆無でありながら安定した司会ぶりを展開し、視聴者からも概ね好評を得た。一部では現在、フジテレビ721(CS放送)で再放送されている往時の名音楽番組「夜のヒットスタジオ」における芳村真理の司会の手法を研究して紅白の司会に望んでいたのではないか、との説もある(歌手との距離の置き方などが夜ヒットの芳村を彷彿とさせる絶妙な間の取り方だったという評価がある)。
TRICK完結後の堤幸彦・阿部寛との座談会にて、収録前に行われていたマジックの練習が大嫌いだったという。
2級小型船舶操縦免許所持。

ミュージカルスター誕生で共演したことがきっかけで島谷ひとみと親しくなる。二人で食事や海外旅行に行くほどの仲。
大河ドラマ「功名が辻」収録時、共演者やスタッフに悩みを言う事が出来ず「トリック」で5年以上の付き合いがある共演者の先輩俳優阿部寛に電話で相談し、アドバイスを求めたという。

10代の頃から役者としてのキャリアを持っており、脇役で地道に経験を積んできた実力派。一通りの演技力は持っている。演技面では恋愛ドラマよりもむしろコメディや学園ドラマで弾けるタイプであるのではないかと言われており、いくつかの恋愛ドラマに出演しているが、コメディなどにくらべ「演技が臭い」という評価が見られる。先述のようにお笑い好きであるため、役に入り込みやすいのであろう。
仲間は『TRICK』で注目を集めるまで微妙な位置づけのアイドルタレントであった。同時期にブレイクしていた広末涼子、ともさかりえ、深田恭子に先を越されていた感じもあるが、それ以降も「大ブレイクアイドル」の道は歩まず、一部で美少女タレントとして認知されていた時期を経てからブレイクした。ただし、彼女のブレイクは女優としての演技力の認知によるもので歌手、アイドル活動によるものではない。結果的にむしろアイドル路線を追求しなかったことが功を奏したといえる。
透き通るような透明感のある声が特徴で、女優として本格始動する前(アイドル時代)は、事務所の意向と言われているがアニメ声優をメインに力を入れており、1998年までは「現役女子高生のアイドル声優」ということになっていた(その後も芸能記事という扱いまではなっていないが、女優として大ブレイクするまではアニメ声優方面への本格転向が何度か噂された)。声優として技術の基礎を学んだ演技力が女優として花開くことに貢献したとも言えるであろう。しかし、彼女がかつてアイドル声優として活動していたことはほとんどのプロフィールに記載されていない(例えば、日本放送出版協会が発行している大河ドラマ「功名が辻」ドラマストーリーにおいても、声優としてのプロフィールは一切書かれていない)。続きを読む
タグ:仲間由紀恵
posted by 仲間由紀恵fan at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 仲間由紀恵 紹介
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。